ファクタリングの仕組みと長所と短所について

subpage01

ファクタリングの仕組みは、ファクタリングを行っている会社が企業が保有する売掛金をその企業に対して償還請求権無しで完全買い取りする事に因って、資金を提供するサービスです。


もっと分かりやすく言えば、企業が保有している債権をファクタリング会社に売却して、現金化する支払期限前に早期に現金化できるサービスの事です。


債権を支払い期限前に現金化する事で、その企業が直面している経済的な諸問題を解消して、経営資本を健全化させる事ができます。ファクタリングのメリットはいくつかあります。

ファクタリング会社の比較

資金繰りの困っている企業が債権を早期に現金化する事に因って、資金繰りをできるようにしてキャッシュフローの改善ができます。
償還請求権無しで譲渡できるため債権のオフバランス化やバランスシートのスリム化を行う事が可能です。

債権の支払い企業がもしも倒産してしまった時には回収できなくなりますが、そんな不測の事態が起きても譲渡代金を請求されないのもメリットです。ファクタリングのデメリットは、債権を買い取りサービス会社はリスクが高いため、債権の10%から20%の非常に高い手数料が掛かります。



他にも債権を買い取ってもらうサービスで支払い請求者が変わるので、3社間で行う場合には支払先の企業に通知する必要があります。

つまり取引相手の債権先の企業に、自社の資金繰りが厳しい事を直接的に知られてしまいます。

2社間で行う場合には通じ義務はないですが、売掛先が売掛債権の登記情報をチェックすれば、譲渡した事実が知られてしまうリスクもあります。