多くの民間企業が参入しているファクタリング

subpage01

ファクタリングは銀行などから融資してもらい資金調達をするのが審査に通る見込みが薄かったり非常に急いでいたりして現実的ではないときに、とても有効な存在で、この資金調達の方法によって黒字倒産や経営破綻を回避した事例がたくさんあるのです。

中でも為替による影響を及ぼしやすい貿易業や入金されるまでの期間が長い運送業や建設業では非常に良く使われている資金調達の方法の1つになります。
契約の上では売掛金を買い取る企業に、その売掛金を売却したり譲渡したりすることになり融資ではないので、審査が非常に迅速で、なおかつ社会保険料や税金を滞納していたり、お金を借り入れている状況などに影響されにくいのが特徴です。

ファクタリング会社

その上に、ファクタリングは貸金業に当てはまらないので民間企業もたくさん参入していて、より一層安くスピーディにするマーケットの競争が激しくなることによって、利用する経営者にとって使いやすくなっているのもメリットです。



特に民間企業が柔軟に対応してくれ最も速い場合は申し込んだ、その日の内に入金をしてくれるなど、銀行などの金融機関に融資してもらうときの審査にかかる時間を比べると大幅にスピーディな取引を実現しています。
手形割引との違いを尋ねられる場合は少なくありませんが、売掛金として収入が確定している債権を与信に資金調達を行うという意味合いでは同じものです。



大きな差は担保に手形を設定して融資してもらう手形割引に対して、ファクタリングの方は売掛金自体を譲渡したり買い取ってもらったりするので不渡りになってしまう危険性がありません。