ファクタリングで資金調達を行おう

subpage01

企業を運営をしている方は資金繰りに難しくなる場合があります。

こういうときに活用できるサービスがファクタリングで、これはファクタリング会社を利用して売掛金を現金化できるのが特徴です。

話題になっているファクタリングの評判の声をいただいています。

売掛金は企業が商品を卸業者に販売したときに代金の代わりとしてもらいます。これは現金化できる日が書かれているもので期日になるとお金にできるのですが、それまでは現金化できないのがネックです。


場合によっては期日前に資金繰りが悪化する可能性もあるので、そういうときにファクタリング会社を使用して売掛金を現金化します。

ファクタリング会社は現金化する代わりに手数料をもらうシステムを行っています。

これは2%くらいからのところが多く業者により手数料は変化するのが特徴です。
また2社間取引と3社間取引により手数料は大きく変化します。


2社間取引は売掛先に相談をせずに売掛金を売却するため、売掛金を回収できない可能性があるのでファクタリング会社にとってはリスクが高いです。



そのため手数料は結構高めに設定されている場合がほとんどと言えるでしょう。

3社間取引は売掛先と相談をしつつ決めるので売掛金の回収を行いやすいのがメリットです。
これにより手数料はかなり低めに設定されています。


多くの業者では3者間取引をメインとしているのでトラブルを起こさず売掛金を売りたいときには3者間取引が安全です。

以上のサービス内容を理解して売掛金を現金化しましょう。